食べ物に関する趣味

料理を趣味として楽しむ7つのコツ!【主婦向け】家事が趣味に変わる♪

毎日の家事って「明日も明後日もやってくる」と思うだけで、億劫になりませんか。

頑張ってご飯を作ったのに、家族の反応がイマイチだと

「ご飯なんて作りたくない~~~!!!」

って思ってしまいますよね。

そこで今回は、料理をちょっとした趣味として楽しむためのコツを7つ紹介します。

料理が上手いとか得意とか、そういうのは関係ありません。

ただただあなたが

「料理がちょっと楽しくなってきた」

と思うためのコツです。

まどか
まどか
「あ、こんな楽しみ方もあるんだね」という発見に繋がるはずなので、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

料理を趣味として楽しむ7つのコツ

ではさっそく、料理を趣味として楽しむコツを7つ紹介していきますね。

①新しいレシピに挑戦する

ご飯を作る時って、メニューを決めることにめんどくささを感じる人も多いのではないでしょうか。

メインのおかず、スープ、副菜、1日3種類を作ろうと思うと、夕飯だけで週15種類のメニューを考えなければいけません。

まどか
まどか
どうしても献立はパターン化してしまいますよね。

でも、同じメニューを定期的に作り続けるのも、だんだんと飽きてきちゃいます。

だから、思い切って新しいメニューに挑戦してみると、新鮮な気持ちで料理をすることが出来ますよ。

しかも、家族からは「あれ?これ初めて食べた!おいしいね」と、うれしい反応がもらえるかもしれません。

 

挑戦するメニューは、クックパッドで調べてもいいけど、確実においしく作りたいのなら断然レシピ本がおすすめです。

(パラパラめくって目に留まったものを作ればいいし、1冊コンプリートするのも楽しい。)

家にある調味料で、簡単においしく作れるメニューを探すなら、山本ゆりさんのsyunkonシリーズが使いやすいですよ。

まどか
まどか
値段も良心的なので、シリーズ全て欲しくなっちゃいます。

\このシリーズは外れなし/

\食べたい!を見つけやすい/

syunkonシリーズ一覧はコチラ

②食器を新調してみる

新しい服を着た時ってワクワクしますよね。

料理も同じで、食器を変えてみるとかなり新鮮な気持ちになれます。

しかも、料理がおいしそうに盛り付けられるお皿なら、なおさら気分はあがりますよ。

箸やカラトリーは肌や口に触れるものなので、こだわってみてくださいね。

\クチポールはおすすめ/

クチポールの一覧はコチラ!豊富なカラーバリエーションをみてみる

③写真をとってSNSに投稿してみる

新しい食器に新しいメニュー、自分自身はちょっぴりワクワクしますよね。

せっかくなので、成長の証としてインスタグラムなどのSNSに投稿してみてはいかがでしょうか。

SNSに投稿するメリット
  • フォローやコメントで、友達ができる
  • いいね!がもらえて頑張りを認めてもらえる
  • 他の人の盛り付け方や食器が参考になる
  • 他の人のご飯をみることで、献立が決めやすい
  • 作ったもご飯の記録になるので、達成感が得られる

\例えばこんな感じ!/

画像引用:インスタグラム#ばんごはん

ただ、インスタグラムにはめちゃめちゃ料理が上手な人が多いです。

その人たちは、仕事としてSNSを利用しているので、比べて落ち込む必要はありませんよ♡

まどか
まどか
料理専用のアカウントを作って、オリジナルのハッシュタグを作ってみてね!私は「#○○’s kicten」(○○は名字)で投稿してるよ♡

\おすすめのハッシュタグ/

  • #おうちごはん
  • #ばんごはん
  • #よるごはん
  • #おうちカフェ

④親しい友達を招いておうちランチを楽しむ

人から「おいしい!ありがとう。」と言ってくれるだけでうれしいですよね。

作ってくれるのが「当たり前」になってしまっている家族ではなく、親しい友達にご飯を作ってあげると、料理をすることに喜びを感じられます。

たまにはお店に行かず、おうちで手作りランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

外に食べに行くより安くすむし、いいことだらけです♪

まどか
まどか
可愛い食器をそろえるのも、たのしくなりますよ♡

さきほど紹介した、山本ゆりさんのsyunkonシリーズはまさにおうちランチにピッタリのメニューばっかりです。

\簡単に作れるクリーム煮/

クリーム煮がのっているレシピ「syunkonカフェごはん5」をみてみる

⑤お気に入りのレシピ集を作る

レシピ本を買っても、全てのメニューをリピートするわけではありませんよね。

だったら、自分の大好きなメニューだけが詰まったオリジナルなレシピ集を作ってみてはいかがでしょうか。

\ノートはなんでもOK/

\写真を貼ると分かりやすい/

\作り方はどんどんアレンジ!/

このレシピ集さえあれば、大好きなメニューをいつでも作れるようになりますよ。

献立選びに役立つし、おうちランチに招待する時も失敗ゼロで作れるので、重宝します。

まどか
まどか
なによりレシピがたまっていくと、達成感が得られるのでおすすめです。

箱に入れてカードタイプでレシピを残す「わたしレシピ」もおすすめ

⑥郷土料理を楽しんでみる

日本にはそれぞれの地域で発展した「郷土料理」があり、まだ食べたことのないおいしい料理がたくさんあるはず。

そんな全国の郷土料理を調べながら、1つ1つお取り寄せして楽しむのもおすすめです。

山梨県の郷土料理「ほうとう」の場合、レンジでチンしたり鍋で温めるだけのものもあり、しかも1食数百円で食べられるものも売っています。

ストックにもおすすめ!山梨県の郷土料理「ほうとう」をチェックしてみる

簡単に作れるキットになっている郷土料理が多いため、料理を楽しつつ家族で味わってみてはいかがでしょうか。

⑦お菓子、パンなど特化したものを攻略する

料理全般を趣味にしようとすると、どうしても「料理得意じゃないしなぁ」と弱気になってしまいますよね。

そんな時は、パン、クッキー、マフィン、プリン、など、ジャンルに特化したものを攻略してみるのがおすすめです。

同じ物を改良しながら、自分の満足いくレシピにしていくので、味も見た目も上達が目に見えます。

まどか
まどか
インスタグラムなどのSNSに投稿すると、もっと楽しめるかも!

パン作りを趣味にするなら、レベル設定が楽しむコツ!

あわせて読みたい
パン作りを趣味にしたい!挫折せず楽しむコツはレベル設定にあったこれから何か趣味を作りたいな~って思っている女子にパン作りは人気。 自分でおいしいパンが焼けたら、いつでも自宅で焼き立てパンが楽し...

まとめ

毎日家族のためにご飯を作っているだけでは、ちょっと物足りないなって思っているのなら、ぜひ1つでも試してみてくださいね。

少しでも楽しむことができたら、毎日の見える景色が変わってくるかもしれませんよ。